ギターレッスン

講師・・・阪部泰仁

ギターレッスン

1レッスン(60分)5,000円
プロフィール:中学生でギターをはじめ、ロック・ハードコア・メタルバンドを
経験したのちジャズに目覚め、Next Orderの武藤氏に師事したのち、アメリカに渡り
ハリウッドのMI(Musicians Institute)に入学しScott Henderson、Aiien Hinds、
Jinshi Ozaki氏などに師事、卒業後もLAに残り地元のミュージシャンとセッションや
カフェでの演奏などで活動する。
2007年帰国後、名古屋などのライブハウス、バーなどで活動中

 

 

講師・・・marcelo木村

ジャズギターレッスン ボサノヴァギターレッスン ボサノヴァボーカルレッスン

ジャズ・ブルース・ボサノバ・ショーロ・ロック・クラシックと何でもこなすブラジル人ギターリストが丁寧に指導します。 ボーカルレッスン(ボサノバ・サンバなど)ではポルトガル語の発音からブラジル音楽の様々なリズムまで楽しく指導します。

1レッスン(60分)5,000円

1979年12月7日ブラジルサンパウロで生まれる。

ショーロ(ブラジルで初めてヨーロッパ音楽とアフリカ音楽を融合させたブラジル独自の音楽)のギタリスト である祖父の影響で幼い頃からギターに慣れ親しむ。

まずクラシックギターをConservatorio Musical e Dramatico Dr. Carlos Campos – Tatui – SP (ブラジル のタトゥイにあるラテンアメリカ最大の演劇・音楽学校)で学び、ジャズギターをAry Piasarollo(Djavan, Elis Regina, Gonzaguinha, Ricardo Silveiraなどの大物アーティストと共演経験のある有名ギタリスト)に 師事した。

16歳の時からタトゥイにある音楽学校で教え始め、19歳でいったん兵役のため退職、兵役後は個人レッ スンやライブハウス、ラジオ・テレビ局などで演奏をするようになる。 ショーロ・サンバ・ボサノヴァは勿論、ロックやジャズも同等にこなし、それらをクロスオーバーさせた独自 のサウンドスタイルを展開。

2004年、音楽活動の拠点を日本へと移す。

 

Born in 1979 December 7th Sao Paulo, Brasil, Marcelo grew up listening to his grandfather who was a choro guitarist. (Choro literally means “cry” in Portuguese, meaning “lament”, and is Brazilian popular music instrumental style.) He learnt classic guitar at Conservatorio Musical e Dramatico Dr. Carlos Campos – Tatui – Sao Paulo (the biggest music and drama school in South America), and jazz guitar from Ary Piasarollo who has played with great artists such as Djavan, Elis Regina, Gonzaguinha and Ricardo Silveira. He started teaching in a music school at the age of 16, stopped playing once at age of 19 because of the military service, and after the service he started teaching privately and also playing for radio & TV stations in Brasil. He also plays rock and jazz as well as music of his motherland such as samba, bossa nova and choro. Moved to Japan in 2004, he played at Urbana Latina in Nagoya with Banda Via Brasil for a year.